明日は雨が降ってくれますか。

歯列矯正日記、その他雑記

「素敵な人」オカマの持つ魅力と神秘性

f:id:kama5429:20170528160030j:image

私はよく新宿二丁目に行く。

一時期は自分がレズビアンなのではないか?と思っていた。

今はそれを違うと思うが、女性的な雰囲気を持つ男の人に惹かれる。

 

オカマと一口に言ってもその中に無限のヴァリエーションがある。

例えばカマレズは体は男で、心は女で、恋愛対象は女の場合だ。

「心は女」とも一口には言えないだろう。

私自身も心の中には女と男が混在していて、割り切れるものではない。

 

だけれども、パッと一目でこの人は独特の雰囲気があるなと思う人はいる。

そういう時、自分はその人の何を見てどんな情報を受け取っているのだろう、と疑問を抱いたことがあって、その時にこの絵を描いた。

言葉だけでは認識できない情報が、オカマにはあると思った。

 

孤高な感じ、神秘性、美しさ、高貴さ、母性と父性、アンバランス、それでも何かを悟っているような、不思議な雰囲気。

 

ウロボロスとは、自分の尾を噛んで円を作っている蛇であり、「偉大なる円環」の象徴だ。それはそれ自体で円をなし、精を授けると共に受け、男性的であると同時に女性的なのである。

 

最近読んでいる本でこのような記述があった。

オカマの持つ神秘性に近いものを感じる。

やはり神話などには両方の性を持った人物などが登場する。

そのような人間の理想を投射しているのか、それとも感性が高くある一定以上の域を超えた人間に備わる雰囲気なのか。

私にはまだわからないが、とにかく私は二丁目が好きだし、彼らが美しいと思う。

ヤリキレナイ気持ち退屈な日常平和な日々よ!

今日大学でジュースを買おうとした時の話。

紙のパックには入った、番号を押すと取ってきてくれるやつ、あれが結構好きでよく買うんだけど、うちは16番のりんごジュースが飲みたくて、1    ,  6とボタンを押した。

そしたら1番のイチゴミルクが出てきた。

下の方によく見ると16番の番号があった。

ガタンッという音と共にイチゴミルクが落ちてきて、何ともヤリキレナイ気持ちになった。

 

平和なもんだ。うちは大学生で奨学金だけで生活費を賄ってる。月に12万借りて、家賃が68500円その他食費や光熱費などなど。

毎月ギリギリだけど何とかなってる。

バイトする気もない。別に死なないから。

いざとなれば家のものを売ったりして。

退屈な安全な順調な日々よ。

どうやってこの日々に少しの変化とスパイスを加えようかと考える。

恋愛は確かにスパイスになる。

けれどもパッと目が覚めてしまう。

もっと馬鹿になりきるべきか、それとももっと冷めるべきか。

ミニマリストになったって、旅に出たって、ちっとも普通なんだ。

もっと熱狂的な状態を作り出すためにはどうすればいいのかしら。

何となく退屈しのぎに矯正を始めてみたけれど、それで特別美人になるわけでもなく、中の上が、上の下になるぐらいか。

人生、人生、一回きりの人生だってさ。

f:id:kama5429:20170527224204j:image

「11.25自決の日」三島由紀夫の生き様がすごい楯の会結成から自決まで

f:id:kama5429:20170526230856j:image

今日は雨だったので「11.25自決の日」というDVDを観ました。

三島由紀夫さんが大好きなのですが、この映画はドキュメンタリーのような感じで楯の会結成から自決までを描いています。

個人的には観ていて笑ってしまう程チープな映画だと思いました。

扱う内容が壮絶なので、映画が現実に負けているように感じました。

あとは映像がその辺で撮った感じがすごくて、電車とか今朝見た中央線やんって感じでした。

 

けど、私みたいに頭がとっ散らかってる人にとっては映像でドキュメンタリー風に観ることで歴史的事実を頭の中に入れやすいです。

どんな流れでどのような状態だったのか、ざっくりと頭の中に入れるには丁度いいと思いました。

 

あとは森田くん役の役者さんが凄いと思いました。良い目をしていたし、役が入っていましたね。Goodjob!!!

三島さん役の人は顔が似てるのは認めますが、多分彼のことをあまり知らないなと思いました。役が上っ面のような表面的な表現に見えました。

 

日本が軍隊を持つということ

むしろ私が思ったのはこの映画が今の日本の現状に対してとてもリアルタイムな内容だと思いました。

憲法改正問題で揺れ動いている今、日本が軍隊を持つということについて、もっと真剣に考えなければいけないと思いました。

確かにこれから日本はそっちの方向に向かっていくと思いますし、私はそれ自体には賛成です。

ただ、中身が追いついていないような危機感があります。

私含め、ゆとり教育世代は本当に頭空っぽな人が多いです。

国という組織の成り立ちや、日本という国家の抱える問題、そもそもなにを持って日本人と言うのか、などに加え、近隣の朝鮮問題や、沢山の問題が山積している中、単純な表面的な理屈だけで物事を理解し、推し進めていくことに危機感も感じます。

自分の頭で考えることをもっとしなければと改めて実感しました。

 

この映画を観て、三島由紀夫さんからのメッセージがあるとすれば「君はどれくらい本気で生きているかい?」と問われたような気がしました。

「What's time」彫刻とは何か無意識とは何か意識とは何か自分の存在を見つめた

f:id:kama5429:20170525225928j:image

f:id:kama5429:20170525230055j:image

f:id:kama5429:20170525230103j:image

f:id:kama5429:20170525230114j:image

時間や重量といったこの世界に対する自分の存在への疑問
自分はどのように存在しているのか
時間は本当に1秒を時計の針が動くだけの距離なのか
右手はやはり重力があることを表しており女はそれに逆らうことをしない。左手は時間と共に溶け顔と一体化している

無意識と向き合った結果
無意識に作るとき、自分の体を動かしているものは何なのか
意識と無意識を繰り返しながら考えた
無意識の動きは波の動きと連動しているのではないか

どこまでも曖昧な自分の存在、それでも自然に逆らうことをぜず一体化しようとする自分の姿勢

歯列矯正~調整1回目~

f:id:kama5429:20170524115715j:image

2週間ほど前に、ブランケットを付けてから初めて調整をしました。

ワイヤーが太くなり、隙間が埋まったので仮歯を少し削りました。

思ったより早く歯が動いてる感じがします。

下の歯も隙間が出来てきました。

 

やっぱり調整してから1週間は食べ物を噛むと痛いですTT

食べ物が挟まるのは慣れました笑

 

まあボチボチ頑張りましょう~~

f:id:kama5429:20170524114123j:image

歯列矯正~6回目~ブランケット装着完了

一昨日、ついにブランケットが上下付きました!

f:id:kama5429:20170416020655j:image

 ㅋㅋㅋㅋㅋ

 

付けてから3日ぐらいは痛くて何も噛めません、、

お粥生活ですね。

朝とかはパンをコーヒーに付けて食べてますㅋㅋㅋ

おばあちゃんがやってて、意味わからんと思ってたことの意味が分かりました。

 

ここから約2年間が始まるのかと思うと長い~~

 

けど次は3週間後以降に来てね、と言われたので速攻行ってどんどん進めたいと思います!

 

ちなみにこれからは一回の調整で4320円です。

 

f:id:kama5429:20170416020917j:image

働く意味が分からないから池上彰の「優しい経済学」読んでみた

f:id:kama5429:20170409200908j:image

私は結構たくさんのバイトをしてきましたが、どれも長く続きません。

でも金がないから働かなければいけない。

なぜ金が必要なのか?

と、色々考えていくうちに経済学に興味を持ちました。

経済学なんて、金儲けしか考えてない輩のものだと思っていたのですが、違いました。

経済学はとても面白い学問です。

まさに今生きている時代と向き合うには必要不可欠だと思いました。

 

何を選択し、何を捨てるのか。それが経済

何かを選択しているということは、それ以外のことを捨てていることになります。

これはミニマリストの考え方に似ていると思いました。

経済学ではこのことを機会費用と言います。

何かを選択することによって、別の貴重なチャンス、すなわち機会を捨てている、その費用を払っている、こういう考え方もできるのです。

 

例えば友達と会うという行為も、そのために時間やお金など何かを捨てているのです。

だからこそ、そうしてでも会いたい人としか私は会いません。なんとなく断れないという考え方は有り得なくなりました。

LINEのメッセージすら、興味のない相手や内容のないものはシカトします。

 

この考え方はケチとは違うと思います。

ようは、大切なものを大切にしたいからそうするのです。

そこまで大切でないものを守ろうとすれば本当に大切なものが守れなくなります。

でも価値観はそれぞれ違います。だからこそ自分は何が大切なのか見極める目を持つ必要があります。

 

労働とは何か

みんなになぜ働くのかと聞けば生きるため、生活のためと返ってきますね。

労働者から見れば、生活するために働く、働けばお金がもらえるし、子供も育てられるし、欲しいものが買えると考えますね。

 

けれども資本家からすれば賃金=労働力の再生産費です。

つまり労働力を再生産するために必要な費用です。食費や家賃や生活費や子供の養育費など。

ということは自分の生活スタイルは労働力として最も効率よく利益を出すために作られています。

なんで雨の日に外に出なきゃいけないの?と真剣に考えたことがあります。

普通嫌です。だけど利益を出す為には天気など関係なく富を生み出す必要があります。

そこに気分など関係ないのです。

でも人間だから雨の日に働きたくない!!!と泣き叫んで布団から出ない日があるのは当然です。私はそう思います。

そんな当然のことが出来ないなら生きていたくなんかないさ!と思います。

何で人間が幸せになる為にあるはずの経済活動が人間を苦しめるのか。

利潤の追求以前に人間としての感情を優先すべきではないのか。

 

そんなことをしたら歯医者さんもいなくなって大変なことになってしまうと言う人がいるかもしれない。

でもきっと歯医者さんは金のためにやっているのでも、仕事だから仕方なくやっているのでもなく、人のためにやっているのです。

その人を助けたいと思ったから。その感情が雨の日の憂鬱に打ち勝つから治療をしてくれる。

与えられた才能と技術に誇りを持ち、人のために生きる姿こそ目指すところだとおもいます。

そんな社会のあり方が理想ですね。

 

だから私はみんながもっと好き勝手に生きればいいと思います。

好きだからやる。そうして生まれたものが誰かを幸せに出来たらそんなに嬉しいことはない。

そういう原理で世界が動けばいいのに。