読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

明日は雨が降ってくれますか。

ボッチアスペ美大生の秘密基地

初心者におすすめ~人気のオペラ演目ベスト4~

現実逃避

f:id:kama5429:20170314025319j:image

「こうもり」

ヨハン・シュトラウス2世が1874年に作曲し、同年4月5日にアン・デア・ウィーン劇場で初演された全3幕のオペレッタである。

これはまさに喜劇。

最初から最後まで全く飽きることなく観れます。

そしてなにより音楽が素晴らしい。

聴いていると楽しくなります。

お笑い要素が多く、人間の滑稽さを喜劇として表現していると思います。

可笑しいのに、なんだか切なさを感じる、でも観ていて楽しい😂

大好きな演目です。

 https://youtu.be/Dka-_N6KaG0

 

魔笛

ヴォルフガング・アマデウスモーツァルトが1791年に作曲したジングシュピールモーツァルトが生涯の最後に完成させたオペラである。台本は興行主・俳優・歌手のエマヌエル・シカネーダーが自分の一座のために書いた。現在もモーツァルトのオペラの中で筆頭の人気を持つ。

魔笛は結構内容が不思議で、深いです。

単純なように見えてよく考えると色々哲学的に分析できてしまう楽しさがあります。

でも音楽はとても聴きやすく、舞台装置もファンタジーな感じがして面白いです。

私はフランシスコ・アライサが大好きで、彼の歌う魔笛YouTubeでも観れるのでぜひ観てみてください。

https://youtu.be/SwYf21ue3QM

 

トゥーランドット

フランソワ・ペティ・ド・ラ・クロワが1710年〜1712年に出版した『千一日物語』の中の「カラフ王子と中国の王女の物語」に登場する姫の名前であり、また、その物語を基にヴェネツィアの劇作家カルロ・ゴッツィが1762年に著した戯曲、および、それらに基づいて作曲された音楽作品である。 

トゥーランドットは北京が舞台となっており、音楽もどことなく中華風で良いです。

特にトゥーランドット姫が登場する時の壮大な音楽がホントに好きで、中国四千年の歴史をイメージさせてくれます。

最後のクライマックスはあの荒川静香さんが踊ったイナバウアーの音楽が流れます。

最後は愛が勝つというKANさん的な終わりで、とてもスッキリします😌

https://youtu.be/dyZHi-yVESQ

 

チェネレントラ

ジョアキーノ・ロッシーニが作曲したイタリア語オペラ。童話の『シンデレラ』を元にした物語で、台本はヤコボ・フェレッティによる。1817年1月25日にローマで初演された。

これはフランシスコ・アライサのものしか観たことがないのですが、オペラを映画風にしたようなもので、とても観やすく、そしてなによりフランシスコ・アライサのイケメンぶりが発揮されすぎている胸キュンものです😂💓

声も顔もめちゃ素敵。溶けちゃいそうになります。

癒しをお求めの方はぜひ。

https://youtu.be/HXZn1j_484U

 

やっぱり現実逃避は最高です😂

現実が辛く悲しいからこそ芸術が生まれるのだと思うし、本当に音楽は心を慰めてくれます😌

モーツァルトやその他たくさんの素晴らしい音楽家たちに感謝です。

私もいつか人の心を慰めることができる彫刻を作りたい...

にほんブログ村 大学生日記ブログ 女子大学生へ
にほんブログ村