読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

明日は雨が降ってくれますか。

ボッチアスペ美大生の秘密基地

個性とは隠しきれないキモさ

f:id:kama5429:20170314025047j:image

私は小さい頃からずっとクラシックバレエを続けていました。

クラシックバレエには美しさの基準があります。

たとえ生まれつきであろうと、曲がった形の足は美しくないとされ、良くありません。

私は小さい頃からずっと自分の存在を否定され、それを変えようという努力を続けてきたように思います。

でもある時、思いました、それが個性なのではないか、と。

 

隠しても、偽っても、作っても、消そうとしても、どうしても滲み出てしまうものが個性ではないか。体臭のような、骨格のような、どうしようもない、自分の存在そのもの。

 

それは大切にするようなものではないけど、人間のもつどうしようもなさみたいなものを感じます。

だから私はその人間臭さを持っている人にどうしようもなく惹かれます。

それは一言で言えばキモさです笑

キモい人って大好きなんですよね。どうしようもないセンスとか、、

にほんブログ村 大学生日記ブログ 女子大学生へ
にほんブログ村